写真が必要なチラシとそうでないチラシの違いとは?

投稿日:

写真が必要なチラシとそうでないチラシの違いとは?

チラシに写真があると目を引きます
それに情報量も多いので、ひと目でなんのチラシかをわかってもらえる利点もあります。

さらには、見栄えの良い写真であれば「好感」も持ってもらえます。
この「好感」というのも大切で、見た目の印象から「なんとなく、このお店に行ってみたいなぁ」と思わせられれば、それだけで集客は有利になります。

はにわさん
じゃあ写真は絶対に必要って感じ?
コアラ店長
ボク、写真撮影は苦手なんですが・・・。
頑張るしかないですかね?
チラシ博士
いやいや。絶対に必要というわけでもないんじゃよ。
それに必要な場合でも、自分で撮影するのが最適かどうかという話もある

本記事ではチラシに載せる写真が必要・不要なケースを紹介します。
チラシに一体、どんな写真を載せればよいのか。
あなたのお店のチラシに載せる写真の参考にしてみてください。




写真を載せたほうがいい業種は?

チラシに写真を載せたほうが良い業種は、まず「飲食店」や「ペット販売」など、写真を載せたほうが伝わりやすいものです。

例えば、ステーキ屋さんが文章で「肉汁たっぷりの神戸牛ステーキです!とっても美味しいですよ!鉄板の上に熱々の~~~」と長く説明するよりも、写真を1枚載せたほうが様子もわかるし、食欲をそそります。

写真を載せなくても良い場合とは?

売る商品によっては、写真は必ずしも必要ではありません

例えば「家庭向けの太陽光発電」を売る場合。
屋根の上のソーラーシステムの写真をチラシに大きく載せても、商品の価値が伝わりません。

お客さんはソーラーシステムの外観を見たいわけではなく、「価格」「耐久性」「電気代の節約量」「アフターサポート」などに注目するはずです。
チラシで大切なのはお客さんが、その商品を買うために求めている価値を示すことす。

こうした場合は、キャッチコピーを上部に大きく書くことになります。
例えば、

「1年間で〇〇万円の電気代節約!始めてみませんか?」

もちろん、ソーラーシステムの写真を絶対に載せてはいけないというわけではありません。
載っていれば、商品イメージが湧きやすいという利点もあります。
ただ、チラシの用紙面積は限られていますので、載せる商品写真の大きさは適宜、判断してください。

写真でなくイラストのほうが良い場合もある

見た目で不快感を持たせてしまう可能性のあるものは、イラストのほうが良いです。
例えば、害虫駆除、ケガの患部(を治す治療薬)などです。

害虫やケガの患部などは、実物写真だと生々しくなってしまい、読み手に嫌悪感を持たれかねません。
そうした場合はイラストに置き換えたほうが良いです。

「情緒的」か「実用的」か

「美容院」と「床屋」の場合で、写真の必要性を比較してみます。

美容院のチラシの場合、カットした後のキレイな女性の写真を載せていることがほとんどです。
「こんな風にあなたも変われますよ」という写真です。
こうしたチラシはイメージや雰囲気が重要で、いわば「情緒的」と言えます。

床屋だとチラシに写真が載っていないことも珍しくありません。
床屋の場合は、料金や地図など「実用的」な情報を中心とする場合が多いです。

このように同じ髪を切る業種でも、お客さんが求めている価値によって写真の必要性が変わってきます

質の良い写真をどうやって用意するか?

先述した「情緒的」なチラシの場合には、写真のクオリティが非常に重要になってきます。
写真の見栄えが、そのままお店のイメージにつながるためです。

写真撮影が得意であれば自分で撮影すればよいですが、じゃあ苦手な人はどうすればよいか。

撮影が苦手な人は写真の素材サイトで用意すると良いです。
プロが撮影した写真がありますので、チラシのイメージ写真として使えます。

なお、写真だけでなく、チラシ全体をきれいに仕上げたいのであれば、プロのデザイナーに頼みましょう。
チラシ作成を外注できるサービス(ランサーズ)がありますので、そちらを利用すると安く依頼できます。

やってはいけない写真

チラシに載せる写真はひと目で、なんのお店かがわかりやすいほうが良いです。
雰囲気のみで選んでしまうと失敗しかねません。

下図は良くない例として、わかりづらい写真の場合のサンプルです。
下の画像とキャッチコピーを見て、何のチラシかわかるでしょうか。

答えは「学習塾のチラシ」でした。
これは架空のサンプルですが、これに似たチラシを実際に見かけたことがあります。

伝えたいことはわかるのですが、この写真やキャッチコピーだと、ひと目で学習塾とわかりません
お客さんは1秒もかからず、チラシを選別していますので、サッと避けられてしまう可能性があります。
わかりやすい写真のほうが無難です。

まとめ

写真はお客さんの目を引かせるのに効果的です。
ですが、売りたい商品によって載せる写真のクオリティや必要性は違ってきます
どのような写真を載せればよいか、あなたが売りたい商品と照らし合わせて、より良いチラシに仕上げてみてください。







-画像素材

Copyright© 自作チラシのことなら「自分でチラシを作ろう!」 , 2018 AllRights Reserved.