お客さんに電話してもらいたいなら電話番号を大きく載せるべきワケ

投稿日:

チラシには電話番号を大きく載せるべき理由

チラシに載せるお店の電話番号は大きく書きましょう。
特に、サロンやスクールなど電話予約をしてもらいたいお店は、極端に大きく書いてもかまいません。

なぜかというと理由は単純です。
次の2つをそれぞれイメージしてみてください。

  • 大きな文字で目立っている電話番号
  • お店の住所などの他の情報と同じ文字サイズで目立たない電話番号

さて、これら2つのうち、どちらのほうがお店に電話をかけたくなるか。
やはり、大きな文字で目立っているほうが電話をかけたくなるのではないでしょうか。

ここではなぜ電話番号が大きいと電話をかけたくなるのか、その理由を説明していきます。




信頼度が向上する

文字が大きく書いてあると、お店の自信が伝わり信頼度が向上します。

これは電話番号に限ったことではありません。
例えば下記の2つを見比べてみてください。

シロアリ駆除なら◯◯会社にご依頼を!
「我々にお任せください!」
シロアリ駆除なら◯◯会社にご依頼を!
「我々にお任せください!」

同じ文字のはずなのに、大きい文字のほうがお店の意気込みが伝わってきませんか

これはチラシだけでなく、お店のサイトでも、店内の張り紙でも同じです。
強く訴えたいなら大きい文字を試してみましょう。

 

次のアクションを起こしやすくなる

大きい電話番号のもう1つのメリットは、「電話をすべきチラシ」だとひと目でわかるということです。

ひと目でわかるので、お客さんはそのチラシを見て「電話をする」という具体的なアクションをイメージしやすくなります。

例えば、テレビ通販では商品紹介の最後に「お電話はこちら!今すぐ!」と電話番号のテロップが表示されます。
あれも次の具体的な行動を提示して、お客さんに電話をかけるのを促しています。

 

ひとこと付け足して後押しする

さきほど「次のアクションを起こしやすくなる」と言いましたが、さらにそれを後押しするために、電話番号のそばにひとこと付け足すと効果的です。

というのも、電話番号が大きく書いてあっても、お客さんは電話をかけるとき不安を抱えています。

はにわさん
興味はあるんだけど、お店に行ったら無理な勧誘してくるんじゃないのぉ・・・?
コアラ店長
電話をかけたら、まず何を説明すればよいのか・・・

 

このように、だれでも一度ぐらいはお店に電話をかける際にためらった経験はあるのではないでしょうか。

こうしたお客さんの不安や迷いをぬぐいさるために、電話番号の近くに言葉を添えます。

「無理な勧誘は絶対に一切いたしません!」
「電話の際には、“チラシを見た”とお伝えいただくとスムーズです」

細かいことですが、こうした小さな積み重ねがお客さんの来店を促しやすくします。
書き足すのは簡単ですし、お金もかかりません。
自分のお店に必要だと判断したなら、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

たった文字サイズだけの違いですが、お客さんが「電話をかけよう!」という心理は違ってきます

たまに電話番号より店名のほうを大きく記しているお店もあるのですが、悲しいかな、お客さんはお店の名前にさほど興味を持っていません

ブランド力のある大手企業のお店なら店名で選ばれることもありますが、小さなお店の場合はほとんどが期待薄です。
電話をかけてもらいたいなら、電話番号を大きく目立たせることを検討しましょう。







-集客のコツ

Copyright© 自作チラシのことなら「自分でチラシを作ろう!」 , 2018 AllRights Reserved.