Wordでグッとタイトルを目立たせるためのコツとは?

投稿日:

Wordでグッとタイトルを目立たせるためのコツとは?

文書のタイトルは、読み手が最初に目に入れる箇所です。
チラシやポスターなら、タイトルでどれだけ目を引かせるかが勝負になります。

はにわさん
目立たせたいなら、文字をハデな色にすればいいんじゃないの?
コアラ店長
ワードアート使えばどうでしょう。
あれなら目立ちませんか?
チラシ博士
文書によっては派手な色は使えんし、ワードアートも見た目がくどくて合わないときがほとんどじゃ。
実はタイトルを目立たせるためのテクニックがあるんじゃよ!

本記事では、Wordでタイトルをグッと目立たせるテクニックを紹介します。
このうちのいくつかはきっと、あなたが作成する文書にもすぐに活用できるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください!




タイトルは大きくする

タイトルは大きくして目立たせましょう。
プロでない人がチラシやポスターを自作する場合、タイトルが小さくなってしまいがちです。

Wordだと文字サイズの初期値は「10.5pt」という数値ですが、これは一般的な文書の文章を読ませるためのサイズです。
しかし、タイトルの場合は思いきり大きくしてかまいません。

文字の大きさで、どれぐらい見た目が違うかを、下図で紹介します。
どちらのほうが目を引くか、見比べてみてください。
(文書の内容は、食材宅配のチラシをイメージしたサンプルです)

まずは、タイトルが小さいパターンです↓

 今度は、タイトルを大きくしたパターンです↓

当然ですが、文字の大きいほうが目を引くはずです。

2行にすると文字を大きくできる

先ほどの比較画像を改めて見てみてください。
前者のほうはタイトルが1行になっていて、後者のほうはタイトルが折り返されて2行になっています。

タイトルの文字数が多い場合、1行に収めようとすると文字が小さくなってしまいます。
そうした場合は、タイトルを2行に折り返すことで文字を大きくできます。

目立たせたい単語以外を小さくする

目立たせたい単語以外の文字を小さくするテクニックです。

下図は、先ほどの食材宅配のサンプルポスターに対して、このテクニックを設定したものです。
少しわかりづらいかもしれませんが、1段目の最後の「が、」と、2段目なかほどの「を」の文字だけを小さくしています。

このテクニックは多くの場面で使えるので、ぜひ覚えておいてください。

ちなみに、このテクニックは本サイトの各記事のトップ画像でも頻繁に使っています。
例えば、下図のトップ画像のタイトルです。
「Word」「チラシ」「自作」「手順」の単語以外の文字を小さくしています。

タイトル以外でも活用できる

多くの場面で使えるテクニックと言いましたが、なんと言っても使えるのは、価格などの単位が付く場面です。

今度も図で比較してみます。
下図は「300円」の単位である「円」を「小さくした場合」と「小さくしていない場合」の比較です。

まずは、単位の大きさがそのままの場合です↓

そして、こちらが単位を小さくしたものです↓

後者のほうが、数値が目立っているのがわかると思います。
単位を小さくすれば、数値を強調できるのです。

これは価格以外にも使えます。
「30分」「50%」「10回」など。
単位を付ける箇所では、このテクニックを試してみてください。

目立たせたい単語に色を塗る

目立たせたい単語に色を塗って強調するテクニックです。
このテクニックはタイトルが長い場合に非常に使えます

下図は、先ほどの食材宅配のサンプルで、文字の色を一部変えたものです。

タイトルが長い場合でも、こうして色を変えれば、読み手に大事な箇所を直感的に伝えることができます。
また、文字にメリハリがつくので、目を引きやすくなる効果も得られます。

説明文でも同様に

これはタイトルだけでなく、文章内でも使えます。
本サイトでも、文章のなかで目立たせたい箇所に、緑や赤、黄色の蛍光ペンで色を塗っています。

また、色を塗ることで文章を飽きずに読ませられる利点もあります。

なお、タイトルでもそうですが、特に説明文の場合、色を塗るのは多すぎないように注意してください。
塗る箇所が多すぎると、どこを強調しているのかわかりませんし、見た目もうっとおしくなります。

強調の度合いは売りたい商品によって変わる

本記事は、ここまで様々な強調方法を紹介しました。
しかし、各テクニックはチラシの目的にもよるので注意してください。

例えば、最初に紹介した「タイトルの文字の大きさ」。
そこで「タイトルは大きくしたほうが良い」と言いました。
しかし、ブランドもののチラシやポスターでは、文字サイズが控えめなものがほとんどです。
それらは文字サイズを大きくすると、ブランドイメージが安っぽくなるためです。

下図は、ブランド商品をイメージしたサンプルのポスターです。
「大きいタイトル」と「小さいタイトル」の各パターンを比較してみます。

まずは大きいタイトルのほうです↓

次に小さいタイトルのほうです↓

ぱっと見たところ、大きいほうも違和感はないかもしれません。
これはデザインの領域になりますが、後者のほうが、タイトルを小さくし、写真を強調することで、写真の世界観をより強く訴えることができています。

一般的な商品も同じ

上図のサンプルはブランド商品のポスターでしたが、一般的な商品でも同じです。
例えば「売りつくしセール」という単語。
これもお店のイメージによって、適切な文字のサイズは変わってきます。

お店が「激安量販店」であれば、文字は極端に大きくしてかまいません。
逆に、高価格帯の「百貨店」で行うようなセールであれば、文字の大きさは控えめにしたほうが良いです。

ですので、強調の度合いは、最終的にはあなたのお店のイメージや、売りたい商品に合わせて設定してください。

まとめ

目立たせるという観点で、様々なタイトルのコツを紹介してきました。
紹介してきたものは、どれもシンプルでありながら、すぐに効果の出るテクニックばかりです。
ぜひ、活用して目立つチラシやポスターを作成してみてください!

なお、今回はコツを紹介してきましたが、もっと実践的な例として、タイトルのパターン集も紹介しています。
こちらも合わせて見てみれば、さらにタイトルが簡単に作れるようになります!↓







-デザイン

Copyright© 自作チラシのことなら「自分でチラシを作ろう!」 , 2018 AllRights Reserved.