Wordで文字の間隔を自由に調整する手順&便利テク

投稿日:

Wordで文字の間隔を自由に調整する手順&便利技

集客するためのチラシやパンフレット、ポスターなど。
「ここぞ!」という勝負どころの文書を作成するのなら。

そんなときには、ぜひ文字の間隔にもこだわってみましょう。

コアラ店長
はて?
Wordで文字間隔の編集なんて、やったことあるかな?
はにわさん
ワタシ、文字間隔なんて気にしたこと無いかも~
チラシ博士
文書のクオリティを上げたいなら文字間隔の調整は欠かせんぞい。手順は簡単なので覚えておくんじゃ

本記事ではWordで文字間隔を自由に調整する知識と手順、さらには便利なテクニックも紹介します。
文字間隔を調整して、読みやすく信頼感のある文書を作成してみましょう!




文字間隔の調整はどんな場面で使う?

文字間隔の調整を使う場面は、特にフリーフォントを使うときは必須です。

フリーフォントは文字間隔の広いものが多い。
そのため、文字同士が離れすぎてしまうケースがよくあります。

具体例を紹介します。
下記の画像はフォント「たぬき油性マジック」を使用した文字です↓

 

パッと見て違和感ないかもしれません。
しかし、よーく見ていただくと。気になる箇所がいくつかあります。

例えば、下図の緑色の矢印の箇所です↓

上記3箇所のうち、特に「1,000」の文字。
ここは「,」(カンマ)のせいで、「1」と「0」が離れすぎているのが目立ちます。

このようにカンマで数字が離れるのは、他のフォントでもよく発生します。
価格などで4桁以上の数字を入力する機会はありますので、これは意識しておきたい箇所です。

修正するとどうなるか?

上記の文字間隔を調整したものが下図です↓

「1,000」がまとまって見やすくなりました。

文字が詰まると勢いも出ます。
安い価格をアピールしたい内容なら、なおさら文書にフィットします。

Wordで文字間隔を調整する手順

Wordで文字間隔を調整する手順は次のとおりです。

1.間隔を変更したい箇所の左側の文字を選択します。
下図の場合、カンマとゼロの間隔を調整するために、その左側にあるカンマを選択しています。

 

2.キーボードで[Ctrl]キーと[D]キーを押します。

※何度も繰り返す作業になるので、すぐに画面を呼び出せるようにキーボードで操作しています。

 

3.[詳細設定]→ [間隔]の[▼]を何度かクリックして間隔を調整します。
※[▼]は間隔を狭くする場合です。広くする場合は[▲]をクリックしてください。

[▼]を1回クリックするたびに[0.1]pt変わります。
初めて変更する場合は[▼]を押し続けて[2]ptぐらいにして試してみましょう↓

 

4.[文字間隔]の項目が[狭く]になっているのを確認します。
(広くする場合は[広く]になっているか確認する)

この項目は、前の手順3で[▼][▲]のいずれかをクリックすると自動的に設定されます。

 

5.最後に[OK]をクリックして確定します。

これで手順は完了です。
編集結果を確認して、まだ調整が足りなければ、本手順を繰り返します。

数値はやっているうちにわかってくる

文字間隔の変更は、確定しないと結果がわかりません。
そのため、最初の頃は何回か画面を開いて調整することになります。

ですが、何度かやっているうちにだいたい間隔がつかめてきます。
「この間隔なら、これぐらいの数値が必要かな?」とわかってきますよ。

なお、数値はあまり細かくこだわらないようにしましょう。
「ここの間隔は広すぎるなぁ。よし、ざくっと狭くしよう」ぐらいの気持ちで。

文字間隔の調整を使う「便利技」

最後に文字間隔の調整を使った便利技を紹介します。
2つあります。どちらもいろんな場面で使えますので、ぜひ活用してみてください。

文章全体の字間が狭くて読みづらいとき

フォントによっては、文章全体の字間が狭すぎるときがあります。

例えば下図。
フォントは[HG丸ゴシックM-PRO]です。文字間隔は変更していません。

かわいらしい書体のわりには間隔が詰まって、窮屈な印象です。
文章の内容も「楽しく勉強する~」とありますが、この字間の狭さだとひたすら知識を詰め込みそうな、難しい授業の雰囲気もあります。

ゆとりを持たせて読みやすく

このような場合は文章全体の字間を広くして、ゆとりを持たせましょう。

下図は文章全体を選択して、[0.3]pt広くした後の状態です。

パッと見ではわからないレベルですが、少し字間が広くなっています。
これにより、わずかですがゆとりができて読みやすくなります。
もう少し広げても良いかもしれませんが、対象年齢にもよります。

なお、広げすぎるのは禁物です。
文字間隔が空きすぎると読みづらくなりますし、間が抜けた印象にもなるので逆効果です。

強調したい単語があるとき

2つ目のテクニックは単語を目立たせる技です。

キャッチコピーなどの大きく目立たせたい文章。
その中で、さらに目立たせたい単語があるとします。

例えば、下図の1文。
「勉強法」の3文字を目立たせたい場合↓

上図では「勉強法」の3文字は、すでに文字サイズを大きくして目立たせています。
このままでも悪くはないのですが。

しかし、文字間隔の調整を行うことで、さらに単語を目立たせることができます。

文字間隔で単語を目立たせるには

文字間隔で目立たせるには、単語の前後の間隔を空けるのです。

 

そして、空けたのが下図。

ほんのわずかな差です。
しかし、こうした積み重ねで単語がより目立つようになるのです。

なお、上図は「ご存知ですか?」の直前も少し空けています。

「を」のすぐ後ろが詰まり気味だったのが理由です。
間隔を空けたことで、少しスッキリしているのがわかりますでしょうか。

まとめ

本記事では文字間隔の調整手順と便利技を紹介しました。

Wordの文字間隔の調整は、画面をいちいち呼び出す手間がかかります。
しかし、文書の細部のクオリティを挙げるのにとても効果的です。
ぜひ活用してみてください。







-チラシ作成関連

Copyright© 自作チラシのことなら「自分でチラシを作ろう!」 , 2018 AllRights Reserved.