【Word】 タイトルを入力する(1行分の入力)

投稿日:2017年4月3日 更新日:

本記事ではキャッチコピーや見出しなどの1行分の入力をする場合に、Wordで必要になる操作を紹介します。

はにわさん
「1行分の入力」で必要な編集って、どんなのがあるの?
チラシ博士
主に「文字の間隔」「文字の幅」じゃな。
1行全体の幅を調整するためによく使うんじゃよ。
コアラ店長
なるほど




「1行分の入力」の場面例

「1行分の入力」では「文字の間隔」と「文字の幅」が主な調整になります。
場面の例を紹介します。

下図は「受講生募集」の5文字の間隔を少し広げることで、すぐ上の赤い四角形と、左右の端を揃えています。

上図のように端を揃えると、見栄えが良くなります。

他にも下図のように1行ずつの両端を揃えたい箇所も同様です。(赤矢印で指している2行)

図のように行の両端を揃えるとスッキリします。
これも文字間隔を調整して行います。

それでは手順を紹介していきます。

1行全体の幅が足りない場合の手順

他の行と幅をそろえようとしたときに、幅が微妙に足りなくなるときがあります。

下図の黒字文章の右端に注目してください。
文字数が足りず、余白ができてしまっています。

このような場合、Wordでは[均等割り付け]という機能を使うと、かんたんに解決できます。

[均等割り付け]を行うには

1.テキストボックス内に文字カーソルを移動した後、[均等割り付け]ボタンをクリックします。

 

2.均等割り付けをすると1行がテキストボックスの幅いっぱいに広がります
あとはテキストボックスの左右の大きさをドラッグで変更して、1行の幅を調整してください。

はにわさん
テキストボックスの左右の大きさを変えると、文字の間隔が自動で調整されるんだね
チラシ博士
うむ。Wordでは1文字ずつ細かく位置調整もできるが、それだと手間じゃからの。
こちらのやり方のほうがオススメじゃ

他にはこんな場面で使おう

[均等割り付け]で幅を揃える場面を2つ紹介しておきます。

縦書きの文字の高さ

縦書きの「受講料」の3文字を、右側の料金表の高さと揃えています。

お店の情報の欄

「塾の名前」の行と「問い合わせ」の行の両端を揃えています。

 

文章がテキストボックスからはみ出す場合の手順

1行分を入力したとき、テキストボックスから数文字はみ出してしまうことがあります。

例えば下図の黒い文章です。
最後の1文字の「る」がはみ出て、見えなくなっています。

この場合には、1行全部の文字の幅を狭くする(文字を細くする)ことで解決できます。

文字幅を狭くする手順

1.文字幅を狭くしたい文字を範囲選択します。
下図は1行全部を選択しています。

全選択を素早く行う操作
テキストボックス内の文字を全部選択するのであれば、文字カーソルを行内に移動した後で[Ctrl]キーと[A]キーを押すと全選択できます。

 

2.範囲選択内で右クリックした後、メニューから[フォント]をクリックします。

素早く行う操作
上記の手順の代わりに[Ctrl]キーと[D]キーを押しても、同じ操作になります。

 

3.[詳細設定]をクリックした後、倍率の数値を変更します。
倍率の数値は1回目は様子見で大体の数値(下図[95](%))を入力しましょう。

 

4.[OK]をクリックして設定画面を閉じます。
これで文字幅が狭くなります。

5.下図は文字幅が狭まったので、最後の1文字の「る」がテキストボックス内に収まりました。

もしも文字が細くなりすぎたり、または、まだ狭さが足りなくて文字がはみだしたりした場合は、再度手順を行って調整してください。

文字幅を少し狭めて縦長にするとタイトルらしく見える効果もあります。

文字の横長は注意

文字を横長にする場合は注意してください。
たいていは見栄えが悪くなります。

下図では文字幅を120%に広げて、文字を横長にした例です。

上図のとおり、野暮ったい感じになります。

文字間隔を自由に調整するには

本記事では[均等割り付け]と[文字幅]を使って文字間隔を調整しました。
実務では、この2つの操作で足りてしまうことも多いです。

しかし、場合によっては、もっと細かく間隔を調整したいときもあるでしょう。
文字間隔を自由に調整する手順については、下記のページで詳しく説明しています。

タイトルのデザイン例

最後にタイトルのデザイン例を3つ紹介しておきます。

1文字ずつ後ろに四角形を配置するパターン

1文字ずつの背面に四角形を配置して、文字を白抜きにしたデザイン。
このデザインは色んな場面で使えます。特に文字数が少ない箇所で使いやすいです。

1つの四角形でまとめるパターン

前述のように、1文字ずつにわけて四角形を配置するのは手間がかかります。

手間をかけたくなければ、下図のように四角形をまとめてしまいましょう。
なお、下図はまとめた後に右側が空いたので、「個別指導」の文字と図形を追加して余白を埋めています。

シンプルに済ませるパターン

上のパターンから、さらに背景の四角形を無くしてシンプルにしたパターンです。文字色も赤に変えています。
素早く作成できます。

 

タイトルのデザインパターンについては、下記のページでも詳しく紹介しています。
目立つものからカワイイものまで、様々なデザインがありますよ↓

はにわさん
博士~!そろそろ説明文のような長い文章も入力したいんですけど~
チラシ博士
よし、では次のページで複数行の入力に関する操作を紹介するぞ!

【 次のページはこちら↓ 】







-Wordで作成

Copyright© 自作チラシのことなら「自分でチラシを作ろう!」 , 2018 AllRights Reserved.