【Word】 用紙の設定を行う

投稿日:2017年4月3日 更新日:

Wordでチラシ作成を開始していきます。
はじめに用紙サイズを設定しましょう。

チラシ博士
この操作は最初に1回行うだけじゃ。手順も短いぞ
コアラ店長
それではサッと済ませましょうか
はにわさん
は~い!




用紙の設定を変更する

1.Wordを起動します。

2.[レイアウト] → ページ設定のをクリックします。

 

3.[用紙] → [用紙サイズ] で目的の用紙サイズに変更します。

 

4.チラシを制作できる範囲の目安を設定します。
[余白]をクリックした後、 上下左右の数値を[3](mm)にします。

 

5.[OK]をクリックします。

 

6.これで用紙の設定は完了です。

チラシの制作範囲について

先ほどの手順4で余白の数値を減らしたことで、余白のマーク(下図の赤矢印の箇所)が用紙端の近くに移動しています。

これよりも内側にチラシを制作していきます。

フチなし印刷をする場合は要注意

本サイトで作成するサンプルのチラシは「フチあり」のチラシとなっています。

「フチあり」とは下図の赤矢印の部分のように、用紙の端にフチがあるものです。

この場合であれば、先に設定したとおり、余白(おおよそ3mm)の内側にチラシの内容を制作していけばよいです。

それとは別に「フチなし」のデザインの場合もあります。
「フチなし」とは例えば、下図の上部にある写真みたく、用紙をはみ出すように設定しているものです。

この場合、追加の作業を行っておかないと、業者に印刷依頼する際に、断裁の関係で用紙の端に白色が見えてしまうことがあります。

その追加の作業は、各印刷会社によって微妙に異なるので本サイトでは説明は省きます。
フチなし印刷が必要な方は、各印刷会社のヘルプを参照してください。

例として、下記は印刷会社ラクスルの解説ページです。

チラシ博士
用紙設定はこれで終了じゃ。
次は文字入力の基本じゃよ
はにわさん
待ってました!







-Wordで作成

Copyright© 自作チラシのことなら「自分でチラシを作ろう!」 , 2018 AllRights Reserved.