キャッチコピーが商売になぜ重要なのか?知らないと損をする理由

キャッチコピーが出来ないとあなたがずっと損をする理由

キャッチコピーはチラシでは非常に重要です。
適切なキャッチコピーでなければ、チラシを読んでもらえません。

さらに、キャッチコピーはチラシだけでなく、商売の様々な場面で使える非常に重要なスキルです。

実際、Amazonでも 「キャッチコピー」で検索 すれば大量の書籍が見つかります。
なぜ、キャッチコピーがここまで必要とされているのでしょうか?

本記事では商売になぜキャッチコピーが必要なのか?について解説します。

強制的に読ませられる

キャッチコピーを使えば、無意識レベルで情報を読ませることができます。

どういうことか?
具体的に見ていきましょう。

書籍のタイトル

例えば、書店でこんなタイトルの書籍を見かけたことはありませんか?

  • 「禁断の◯◯◯テクニック」
  • 「非常識な◯◯◯の成功法則」

かなり大げさなタイトルの本です。

しかし、これも興味を持たせるためのテクニックなのです。

人間の心理は非道徳的な内容に対して反発をするようにできています。
「禁断の~」「非常識な~」という言葉。
これらは人間の本能的な心理をついた表現なのです。

見た人は 「一体どんな内容なんだ?」と気にかけてしまう。
無意識に。それこそ抗えないレベルで。
思わず本を手に取って読んでしまうわけです。

インターネットの記事

ネット記事のタイトルも同じです。

ネットの記事で、次のようなタイトルを見たことはありませんか?

  • 「◯◯◯ができるようになる10の方法」
  • 「◯◯◯で絶対に買ってはいけないものとは?」
  • 「男性が好きなおかず。2位は唐揚げ。1位は・・・?」

どこかで見かけたような見出しばかりだと思います。

これらも読み手の「答えを知りたい」心理を突いて、記事を読ませようとしているわけです。

この心理を「ツァイガルニク効果」と言います。

重要性が増している

今はインターネットの時代。
スマホやパソコンに、次から次へと新しい情報が届く。
情報は要らないほど、溢れかえっています。

そのため現代人は記事の見出しを一瞬見ただけで、読むか読まないかを判断しています。

つまり、キャッチコピーは昔よりも重要性が増しているのです。

多くの場面で共通して使える

チラシだけでなく、ブログでもニュースレターでもそう。
キャッチコピーは、なにかを伝える場面全てに共通して使えるスキルです。

「お店の長所を伝えたい…」
「商品を売りたい…」

そう思って、どれだけ「いい商品ですよ」と頑張って連呼しても売れません。
それだと単なる押し付けです。

キャッチコピーなら相手の心理をついて、無理なく自然に心をつかめます。

キャッチコピーは、基本の仕組みを知るだけでも格段に違うものになります。
下記の記事で基本を紹介していますので参考にしてください↓

タイトルとURLをコピーしました