【Word】表を挿入する

投稿日:2017年4月9日 更新日:

本ページでは、チラシ制作においてWordで表を挿入する手順を紹介します。

はにわさん
博士、表作成ならExcelっていうソフトのほうが便利って聞いたんだけど?
チラシ博士
チラシ制作では計算するわけではないからのう。
マスを作って文字を入れ込むだけならWordで十分じゃよ
コアラ店長
1つのソフトで完結した方が手間もかからないですしね




表を挿入する場面

表を挿入する手順を説明する前に、表はどんな場面で使うことになるのかを紹介しておきます。

チラシで表を挿入する場面には、料金表(下図)や時間割などがあります。

履歴書や申込書などのような複雑な表作成は、チラシではあまり必要ないかと思います。
そのため、今回は上図のようなシンプルな表を作る手順を紹介します。

それでは表の挿入手順を見ていきましょう。

表を挿入するには

表の挿入手順自体は、文章のときと同じようにテキストボックス内に表を挿入して作成します。
その方があとで位置を変えたくなった時に移動しやすいためです。

表を挿入する手順は次のとおりです。

1.まず、表を挿入したい場所に、テキストボックスを挿入しておきます。

 

2.メニューバーの[挿入]→[表]とたどった後、表示されたマス目の上を、挿入したい行と列(下図は「4行5列」の場合)の分だけドラッグします。

 

3.テキストボックス内に、表が挿入できました。

 

4.あとは表内に文字を入力していきます。

表全体の大きさを変更するには

表全体の大きさを変更したい場合の手順です。
今回は、表を少し大きくする想定で手順を説明します。

1.表を挿入したテキストボックスの大きさを少し広げて、領域に余裕を持たせておきます。

 

2.続いて、表内のどこかにカーソルを移動します。

 

3.表内にカーソルを移動することで、表の右下隅に □ が表示されます。
その □ をドラッグすると、表全体の大きさが変わります。

 

4.表全体の大きさが変わりました。

表に関するその他の操作

表の他の操作でよく使うのは、表のマス目(セル)の「塗りつぶし」や、マス目内の「文字の位置調整」などがあります。

それらの操作を行うボタンは似た場所にあるので、以降でまとめて説明します。

表の編集ボタンを表示するには

まず、表内にカーソルを移動すると、表のメニューである[デザイン][レイアウト]の2つが表示されます。

この[デザイン][レイアウト]で、表の他の操作を行います。

それぞれ順に見ていきましょう。

[デザイン]のボタンでできる編集

[デザイン]で主に行う編集は、[塗りつぶし]ボタンでマス目の色を変更する手順です。
塗りつぶしを設定する際は、目的のマス目を選択してから行ってください。

下図はマス目を選択(下図は1行目)して、色を変更した後の状態です。

[レイアウト]のボタンで出来る編集

[レイアウト]では、主に下図の2か所のボタンを使います。

  • 列や行の挿入・削除、または表全体の削除(下図左側の赤枠)
  • マス目内の文字の位置変更(下図右側の赤枠)

 

 下図は、表のマス目内の文字の位置を、縦・横ともに中央に変更した後の状態です。

はにわさん
表の操作はこれで全部か。意外と少ないね?
チラシ博士
シンプルな表ならこんなものじゃよ
コアラ店長
それでは次がWordの編集の最後になる画像の手順ですね

【 次のページはこちら↓ 】







-Wordで作成

Copyright© 自作チラシのことなら「自分でチラシを作ろう!」 , 2018 AllRights Reserved.