【Word】 チラシで文字を入力する基本を抑えよう

投稿日:2017年4月8日 更新日:

Wordでチラシ制作する場合における文字入力の基本を紹介します。

文字入力は、さらに次の2つの操作に分けられます。
これらの操作については次ページ以降で順に説明していきます。

  • タイトルのように1行分を入力する場合
  • 説明文のように複数行を入力する場合

このページで紹介する操作は、上記2つに共通している操作です。
まずはこれ以降の内容をしっかりと抑えておきましょう。

はにわさん
おお!なんだか本格的になってきたね?
チラシ博士
文字入力はチラシに関わらず、基本じゃからな。説明しないと商品は売れないからのう




Wordで文字を入力する場合の注意点

Wordを起動すると、用紙内にカーソルが点滅して表示されます↓

Wordでは、このカーソルがある場所に文字が入力されていきます。

はにわさん
よしっ!ではチラシのキャッチコピーから入力していくぞ!
カタカタカタ・・・
チラシ博士
待った待った!直接、文字入力してはならん!

 

Wordを起動すると用紙内にカーソルが表示されるので、思わず、そこにそのまま文字を入力してしまいたくなります。
ですが、それだとチラシ制作には不向きです。

チラシ制作の場合、用紙内に文字を入力しません。
「文字を入れるための箱」を用紙に挿入し、その中に文字を入力していきます。

理由は、そのほうが自由なレイアウトで制作できるからです。

 

あとで大きく場所を変えたくなった場合にも便利

箱の中に文字を入力しておけば、あとでチラシの各部の配置を変えたくなったときにも便利です。

例えば、下図のように左右の場所を入れ替えたくなった場合には、それぞれの箱を丸ごと移動すれば位置を変えられます。

 

この「文字を入れる箱」は、「テキストボックス」という機能を使います。

チラシ博士
チラシの文字入力は常にテキストボックス内に入力していくんじゃよ
はにわさん
へぇ~、そうなんだ

 

テキストボックスを挿入する

文章を入れるための箱である「テキストボックス」を挿入してみましょう。
今回のサンプルの手順では、「受講生募集」の5文字の見出しを作成してみます。

 

1.メニューの[挿入]→[図形]とたどって、[テキストボックス](下図の一番下にある小さな赤枠のボタン)をクリックします。

 

2.文字を入力したい場所で斜めにドラッグして、四角形を描きます。

 

3.あとは、この四角形の中に文字を入力します。

 

 

文字を入力したら書式を整える

文字入力したら、文字の書式を整えましょう。
書式とは、具体的には「文字サイズ」や「フォント(書体)」、「文字色」などです。

このうち、「文字サイズ」の変更は便利な調整方法がありますので下記で紹介します。

 

Wordで文字サイズを調整するのに便利な操作

1.文字サイズを変更したい箇所を範囲選択します。

 

2.文字を範囲選択したまま、下記の操作を行うと文字サイズを1ポイントずつ変更できます
操作を何度か行って、目的の文字サイズになるように調整してください。

  • 文字を大きくする場合・・・[Ctrl]キーを押しながら[ ]]のキーを押す
  • 文字を小さくする場合・・・[Ctrl]キーを押しながら[[ ]のキーを押す

※上記の、[ ]]のキー、[[ ]のキー、というのは、[Enter]キーのすぐ左側にあるキーです。

 

4.文字サイズが変更できました。

 

他の書式を変更する

1.あとは「フォント(書体)」や「文字色」を変更して、書式を整えてください。

 

 

テキストボックスの線の色・背景色を消す

文字を入力しましたが、テキストボックスの「線の色」「背景色」がまだ残っています。
テキストボックスの「線の色」と「背景色」を下記の手順で消しましょう。

 

1.目的のテキストボックスを選択します。
※テキストボックスを選択するには、枠のフチをクリックします↓

 

2.メニューの[書式]を選択します。
続いて、[図形の塗りつぶし]をクリックして[塗りつぶしなし]を選択。
さらにその後、[図形の枠線]もクリックして[線なし]を選択します。

 

3.これでテキストボックスの「塗りつぶしの色」と「線の色」が消えて透明になりました。

メモ(背景色について)
今回、「背景色」を消していますが、もしもテキストボックスの背面に何も重ねないのであれば、消さなくてもかまいません。(透明にしても意味がないため)

メモ(線の色について)
[線の色]についても、文章を囲む枠として線をそのまま利用するのであれば、消さなくてもかまいません。

 

 

文字の縦書き・横書きを切り替えるには

本ページでは最後に、文章を[横書き]から[縦書き]への切り替え(またはその逆の)手順も確認しておきます。

下図は文章を縦書きにしている活用例(赤矢印の2か所)です。

チラシ内で部分的に縦書きがあると目を引きやすくなります
また、上図の「受講料」の箇所のように、縦書きのほうが見出しを入れやすい場面もあるでしょう。

それでは縦書きにする手順を紹介します。

 

縦書きにするには

1.縦書きにしたい文章内に、カーソルを置きます。

 

2.メニューの[書式]をクリックした後、[文字列の方向]→ [縦書き]とたどってクリックします。
※ 横書きに戻す場合は、[縦書き]のすぐ上にある[横書き]を選択してください。

 

3.文章の方向が縦書きになりました。

 

コアラ店長
これで文字入力の基本は抑えたというわけですね
チラシ博士
うむ。それでは、次回は1行分を入力する場合について解説するぞ!

 







-Wordで作成

Copyright© 自作チラシのことなら「自分でチラシを作ろう!」 , 2018 AllRights Reserved.